トップイメージ

トランクルーム(レンタルルーム)・貸し倉庫の契約の仕方

このページでは、トランクルームを借りるときの、一般的な手順と契約の仕方について述べたいと思います。
業者によって多少違う点もありますが、概ね以下のようになっておりますので、ご参考にしてみてください。
 
1.トランクルームを提供している業者のウェブ・サイトで、自分の希望の地域のトランクルームを探します
東京などにトランクルームがあり、宅急便など輸送手段を使い荷物を預かるシステムを取っている業者は、対象地域は全国となります。
また、地域密着型の展開する地方の業者はウェブ・サイトを持たないところもありますので、職業別タウンページで探すという手段もあります。
 
2.希望のトランクルーム業者が決まったら、料金や空き状況を確認します。
 
3.業者にトランクルームについての詳細を聞き、可能でしたら現地に行って、実際に自分が利用するトランクルームを見て確認しましょう。
この時、自分が預ける予定の荷物の大きさを前もって測っていくといいです。特に、大型のモノを預ける方は、この点は重要です。
 
4.預けることを決めたら、契約をします。
 
●契約の際の手続きには以下の証明書などが必要となります。これも前もって調べておくか、尋ねておくと良いでしょう。
 
個人の場合:運転免許証、健康保険証、住民票、パスポート、などの本人確認書類。また利用者が未成年または学生の場合は、多くの場合連帯保証人が必要になります。
法人の場合:登記簿謄本、印鑑証明、資格証明書などの会社が確認できる書類
 
以上の証明書の他に契約時に必要なものとしては、使用料、事務手数料、保険料、カギ交換費用、保証金などがあります。
契約時に必要な書類や費用は業者によって多少異なりますので事前に確認しておくと良いでしょう。
 
5.無事契約が済んだら、多くの業者の場合はその時点から利用できます。
 
[トランクルームの契約期間について]
トランクルームの契約期間については業者ごとに多少違います。
月極めのところもありますし、一週間〜10日間などの短期間保管から対応しているところもあります。
また、契約の更新についてですが、自動更新のところ、そうでないところがあります。更新料金も発生するところ、そうでないところがあります。

 

 

レンタルトランクルーム/貸し倉庫の使い方MENU

Copyright (C) 2009 レンタルトランクルーム/貸し倉庫の使い方. All Rights Reserved.