トップイメージ

トランクルーム(レンタルルーム)・貸し倉庫へ衣類を保管する場合

衣類をトランクルームへ保管・収納する場合気をつけたいのが、カビなどの発生についてです。
 
冬物のジャケットやコートなどは、クローゼットの中で特に場所をとる衣類ではないでしょうか。このような季節性の高い衣類の収納はトランクルームを使うことで、狭いお部屋のスペース確保に役立てたいものです。
また、和服やドレスなど、着用する頻度の低い衣類も、トランクルームへ預けておいて、必要なときだけ出して使うという人も増えています。
 
しかし、衣類を預けるためのトランクルームを選ぶ場合、空調を完備されていることが大切です。したがいまして、衣類の収納には屋内型トランクルームがお薦めです。
屋内型のトランクルームは、一般的に室内温度を一定に保ち、通気性も良く、空調環境が整っているので衣類へのカビの発生も防いでくれます。
 
また、業者によっては、和服やドレス、毛皮のコートなどの高価でデリケートな衣類に適した専用の収納箱や、衣類のたたんだ折り目やシワを防ぐために専用のハンガーを用意している業者もあります。特に気をつけて保管したい方は、衣類を専門的に預かる業者を選択するのも一考です。
 
屋外型のトランクルームを利用する場合は、外気による熱のこもりや湿気などから衣類を守るようにしましょう。防虫剤と除湿剤を使用すること、衣装ケースなどに収納してカビや結露から衣類を守ることなどに注意したいものです。 

 

 

レンタルトランクルーム/貸し倉庫の使い方MENU

Copyright (C) 2009 レンタルトランクルーム/貸し倉庫の使い方. All Rights Reserved.