トップイメージ

屋内型トランクルーム(レンタルルーム)・貸し倉庫

屋内型のトランクルームは、店舗やビル等の建物をパーテーション等で区切って作った区画を保管・収納スペースとして貸しているものです。
大小のスペースに区切ることで、各種サイズに対応していますので、各自利用目的に合わせて広さを選ぶことができます。業者にもよりますが、例えば、コインロッカー大のスペースから4畳ほどのスペースまであります。
 
以下が屋内型トランクルームの利点及び特徴となります。
 
●空調システムが整備されているので外的環境の影響が少ない。
●セキュリティー・保安面が万全で安心できる。
●車での搬入や運搬ができなくても、預けたい荷物・預けた荷物の運搬や配送をしてくれる。
●預けた荷物が不要となった場合は廃棄等の処分をしてくれる。
●預けた荷物の管理代行をしてくれる。
 
屋内型トランクルームは、季節によって利用頻度が異なるなど、頻繁に出し入れすることの少ない荷物を預けるのに適しています。
また、空調とセキュリティーの面から、企業や法人などの資料や書類等を保管するのにも便利です。
 

屋外型トランクルーム(レンタルルーム)・貸し倉庫 

屋外型のトランクルームは、屋根のない空いた敷地にコンテナを並べ、コンテナ自体がレンタルルームとなっています。コンテナの中は仕切りがないものが多く、利用者が好きなようにレイアウトして収納・保管することができます。
トランクルームの広さは、一畳未満のものから四畳ほどの広さのものまでさまざまです。スペース内に収まるものでしたら、中に収納する荷物を選びません。
 
以下が屋外型トランクルームの利点及び特徴となります。
 
●365日24時間、いつでも好きな時に荷物の出し入れができる。
●コンテナに車を横付けできる、または駐車場が完備されている場合が多いので、大きな荷物の出し入れも容易である。
●コンテナ内を各自自由にレイアウトして使うことができる。
 
以上のように、屋外型は、屋内型に比べて比較的自由度が高いです。
いつでも出し入れ可能なので、バイクなどの保管に利用している人や、スキーやキャンプなどに出かける途中に立ち寄って荷物を積んでいく、というような使い方をする人も多いです。

 

 

レンタルトランクルーム/貸し倉庫の使い方MENU

Copyright (C) 2009 レンタルトランクルーム/貸し倉庫の使い方. All Rights Reserved.